観光情報検索

手代木沼(てしろぎぬま)

Teshiroginuma

約300年前に農業用水確保のために築かれた人造湖。

「下の沼」(約43,000m2)と「上の沼」(約13,000m2)の大小2つの沼が造られる。

春は沼沿いに桜が咲き、冬は200羽以上の白鳥が越冬のため飛来し、その姿を見に観光客も訪れる。

手代木沼(てしろぎぬま)

基本情報

  • 住所
    宮城県角田市高倉字手代木
  • 電話番号
    角田市商工観光課 0224-63-2120
  • 営業時間
  • 休業日

検索画面にもどる